繰り返すことがある | カネステンクリームはカンジダ症の治療に抜群!
「カネステンクリームはカンジダ症の治療に抜群!」のイメージ画像
形の違う錠剤

繰り返すことがある

あなたが女性の場合、実は妊娠中にカンジダ症を繰り返してしまう場合があります。
理由は妊娠中の母体がカンジダにとって繁殖しやすい環境に整えられているからです。

基本的に妊娠中というのはストレスが溜まりやすく、そこから免疫力が低下しやすい状態になってしまいます。
するとカンジダ症の発症率が劇的に高まってしまうのです。

そして女性は妊娠することにより、おりものが増加します。
本来であれば膣内は常に酸性の状態に保たれていて、カンジダ菌が繁殖できない状態となります。
しかし妊娠すると膣内の酸性状態がアルカリ性に変化してしまうのです。
そのままの状態だと本来持つはずの殺菌効果がまったく効かなくなり、結果としてカンジダ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ではカンジダ症は胎児にとって大丈夫なのか?と心配する人もいるでしょう。
これについては妊娠してからどのタイミングで発症するのかによって変わります。
妊娠初期または中期の場合であれば特に問題がないといわれています。
しかし後期の場合は母子感染する危険性があるので注意してください。

あなたが妊娠してカンジダに悩むこととなったら、まずカネステンクリームを使いましょう。
胎児が母子感染によりカンジダに感染してしまうと、生後から1週間くらい経って皮膚炎を起こすことがあります。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、最悪の場合命の危険まで伴います。
そうなる前に、カネステンクリームを使わないといけません。
ちなみに母子感染の可能性は非常に低いですが、それでも危険性をゼロにするためにカネステンクリームは必ずすぐ使ってほしいと思います。