カルドメックとキウォフハートはどっちが良い?

ペットのイメージ 愛犬の健康を守るフィラリア予防薬は、現在多くのメーカーから販売されています。動物病院で処方してもらう方法が一般的ですが、個人輸入の通販サイトから海外の商品を取り寄せる方法もあります。

購入方法が増えることでフィラリア予防薬の選択肢が広がります。それは良いことではあるものの、フィラリア予防薬によっては病院でしか試せない、あるいは通販でしか試せないものもありますので、愛犬にはどれを使うべきなのか?迷ってしまうでしょう。

 

ここでは、通販サイトや病院で購入できる「カルドメック」、通販でしか購入できない「キウォフハート」の特徴やどちらが向いているかについてお伝えしていきたいと思います。

 

駆虫効果や安全性はどちらも同じ

フィラリア予防薬として人気があるカルドメックとキウォフハート。

実はそれぞれ新薬とジェネリック医薬品の関係なので、どちらのお薬も中身はほぼ同じ。

ちなみに、新薬(先に開発された薬)はカルドメックで、ジェネリック医薬品(あとに開発された薬)はキウォフハートになります。

 

それぞれの薬に使用されている有効成分はイベルメクチンとピランテルです。

イベルメクチンは主にフィラリアの幼虫に対する駆虫効果があり、様々なフィラリア予防薬に使用されている成分です。

ピランテルは内部寄生虫の回虫、鉤虫、鞭虫などに対する駆虫効果があり、寄生虫の筋肉を痙攣させることで寄生虫を駆除します。

どちらの成分も高い駆虫効果があるため、1ヶ月に1回の服用で確実に寄生虫を退治することができます。また、イベルメクチンとピランテルは安全性が高い成分でも知られており、副作用が起こりにくく、妊娠中や授乳中の犬に対しても使用可能です。

 

カルドメックとキウォフハートの大きな違い

ペットのイメージカルドメックとキウォフハートの有効成分は同じ…となれば、どちらを使っても効果に違いはありません。しかし、効果以外の面で違いがありますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

形状

どちらのフィラリア予防薬も内服薬タイプなので、塗り薬が苦手だったり皮膚が弱い犬に対しても使用できます。また、投薬後すぐにスキンシップやシャンプーが可能なので、使いやすい特徴があります。

ただ、同じ内服薬でも新薬であるカルドメックはおやつのようなソフトチュアブルタイプとなっています。チュアブルの原材料には犬が好む牛肉が使用されており、薬特有の匂いや味を感じません。また、適度な噛みごたえのあるソフト食感になっていますので、おやつ感覚で与えられます。

一方、キウォフハートはチュアブルタブレットという錠剤タイプとなっています。直接投与する形になりますが、細かく砕いて投与することも可能なので薬が苦手な犬でも服用しやすいです。また、タブレットには割線が入っているので分割しやすく、簡単に投与量を調節できます。

 

おやつのようなカルドメックの方が犬は好みやすいですが、原材料にアレルギーがあったり好みに合わなかったりする場合にはタブレットタイプのキウォフハートがおすすめです。

値段

カルドメックとキウォフハートで大きく違う点といえば「値段」です。

新薬というのは、医薬品として使用する成分を見つけ、その成分の有効性や安全性を確かめるために研究を重ねます。世の中に誕生するまでには莫大な費用・時間・手間がかかっていますので値段は高いです。ですが、一定期間を過ぎると他の製薬会社が同じ成分を使用した医薬品を開発できるようになります。すでに有効性や安全性が確認されている成分を使用しますので、新薬よりも費用・時間・手間がかからず、低価格での販売が実現します。

 

つまり、カルドメックよりもキウォフハートの方が安価に試せるということになります。

実際、通販のカルドメックの値段は小型犬用4,200円、中型犬用4,300円、大型犬用5,200円で販売されていますが、キウォフハートの場合には小型犬用2,300円、中型犬用3,100円、大型犬用3,600円で販売されています。

小型犬用であれば半額近くになりますので、とてもお得に購入できます。フィラリアのお薬は蚊の出る時期に合わせて毎月服用しなければなりませんし、毎年投与が必要となります。そのため、費用は少しでも抑えられるキウォフハートがおすすめです。

 

みんなはどっちが好み?愛用者のレビュー

今回紹介しているカルドメックとキウォフハートはそれぞれ良い点が違います。どちらもフィラリアやおなかの虫に対して高い効果をは発揮するので、カルドメックかキウォフハートどちらを選ぶかは正直好みの問題です。

ここでは、普段両者のフィラリア予防薬を愛用している方のお話をお伺いしましたので、選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

【カルドメックの愛用者】

・うちの子はチュアブルのお薬しか食べてくれませんのでいつもコレです。

・いろいろ試した結果、カルドメックに落ち着きました。

・薬なんですけど、すごく美味しそうに食べてるので見てて嬉しいです!月1回のお楽しみですね★

・違う薬なんですけど、以前ジェネリックを試して効果がいまいちだったので、それからは先発薬しか信用してません。

【キウォフハートの愛用者】

・1ヶ月に1回でもお薬代はバカにならないので助かります。効果もそのままですごく良い!

・錠剤といっても小さくできるしご飯の中に入れちゃえばバレないので大丈夫です。

・今までカルドメックだったんですけど、負担額を考えてキウォフハートにしました。前みたいにおやつっぽくはないけど、嫌がらないので今シーズンは使ってみようと思います。

・値段にも効果にも大満足!ネットでササッと買えるのも魅力的!

 

病院と通販、それぞれの特徴は?

フィラリア予防薬を購入する方法は病院と通販で選べます。

病院も通販もメリット・デメリットがありますので、購入前に把握しておきましょう。

【病院の特徴】

・犬の健康に熟知している獣医師の診察を受けられる

・何かあればすぐに直接対応してもらえる

・薬の使用方法や副作用の説明がある

・薬をもらうたびに通院が必要

・診察料や薬代が高い

・病院嫌いの犬にとってストレス

・待ち時間が発生する

【通販の特徴】

・ネットから24時間365日注文可能

・自宅にいながら注文〜商品受け取りまで可能

・動物病院よりも薬の種類が多い

・ジェネリック医薬品が多く、安く購入できる

・いろんなお薬をまとめて購入できる

・通販は自己責任での利用

・用法用量を自分で確認する

・届くまで時間がかかる

 

このように同じフィラリア予防薬を入手するとしても、病院と通販では大きく特徴が違っています。そのため、どちらで購入するほうが自分に合っているのか?確かめた上で愛犬のフィラリア予防を始めましょう。

 

あなたは病院のカルドメック派?通販のキウォフハート派?

ペットのイメージここまでカルドメックとキウォフハート、病院と通販などの特徴をお伝えしてきましたが、結局どこでどのフィラリア予防薬を買うべきなのか決められない!という方のために病院のカルドメックと通販のキウォフハート、それぞれ向いているケースについて紹介しましょう。

【動物病院のカルドメックが向いているケース】

・ちゃんと薬を使えるかどうか心配…

・愛犬を迎えて初めてフィラリア予防を始める

・今日明日中には薬がほしい!

・愛犬はお薬が苦手で飲んでくれるか不安

・ジェネリックや通販は信用できない

【通販のキウォフハートが向いているケース】

・少しでも愛犬のお薬代を抑えたい

・通院にかかる時間や手間がもったいない

・愛犬は動物病院が嫌い

・まとめて注文してストックしておきたい

・数種類のお薬を一緒に買いたい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました